井山一男社長の人柄を聞くと話してみたくなるような人

私は、井山一男社長に直接お目にかかったことはありません。

友達の話では、魅力あふれたとても素晴らしい人で、話をしているうちに、ついつい、不動産会社に長居してしまったそうです。

話しているうちに、その友達と井山一男社長には、共通の知り合いがいることがわかり、従業員の方やその知り合いなどを含めて、一緒に食事に行くことになったそうなのですが、社長なのに社長ぶったところがなく、かしこまったところがないので、とても話しやすい人で、従業員とも和気あいあいと話していたそうです。

そんな社長だからこそ、従業員も精一杯仕事を頑張れるのだろうなと思ったそうです。

友達の話を聞いているうちに、人づきあいがあまり得意ではない私でも、井山一男社長と話してみたくなりました。

きっと、話を聞けば、誰もが話してみたくなるのではないでしょうか。

井山一男社長と一緒に、食事をしてみたいということを友達に言うと、今度、友達が間に入ってくれるそうです。

お会いして話ができる日を楽しみに待ちたいと思います。

井山社長の人柄に惹かれる

早く出社して、遅く退社!社長の鏡!

社長に限らず、えらくなると、会社が始まる規定の時間より遅く出社して、既定の時間より早く退社してしまう、という人も少なくないのではないでしょうか。

私が働いていた会社の上司にあたる人が、まさに、そうでした。

常務だったのですが、社長よりもえらいのではないかと思うほどの人でした。

心の優しい人で、普段はとても従業員である私たちの面倒をよく見てくれていました。

仕事にはとても厳しい人でしたが、8時出勤のはずの会社に、常務はたいてい10時ごろ出社というほどでした。

(その分、私たち従業員は、朝少し気を抜くことができましたが・・・)大きな会社の支店ということもあり、専務が社長代行していたのですが、専務は、朝早く来て、私たちと一緒に掃除などもしてくれるような人で、井山一男社長も、私の働いていた会社の専務のような人のようです。

誰よりも早く出社して、誰よりも遅くに帰るような社長ですから、どれだけ、毎日仕事を頑張っているかがわかりますよね。

井山一男社長のように社長になっても、従業員以上に会社にいる社長は、全国にどのくらいいるのでしょうね。

井山一男社長に学ぶ朝の行動